私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
穴窯firing

陶ism終わりました。お越しくださったみなさまありがとうございました。

いろんな方とお話できて会いたい人に会えてギャラリー賞ももらえて。とても実りの多い日々でした。

1週間家を空けましたが、そのあいだ支えてもらった家族と身内にもただただ感謝です。

 

 

 

まずは国立新美術館の中にあるスーベニアフロムトーキョーと渋谷の黄魚にご挨拶へ。

 

国立新美術館

 

スーベニアフロムトーキョーはとっても多くのお客さんでした。

売り場も広く取ってくださってて、すごく感謝しています。

陶ismでも「昨日国立新美術館で見ました」って声を掛けてくださるお客さんがいて驚きました。

 

 

 

黄魚

 

黄魚さんへも初めておじゃまできました。とってもステキなものに囲まれた店内でした。

こちらもうつわのスタイリストさんや芸能人や思わぬ方々がよく来られるようで、ほんと驚きです。

お土産までいただいてありがとうございました。

 

田んぼの真ん中で作ったものがこうして広がっていくのかと実感できたのがなによりの収穫でした。

みなさま引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

横浜赤レンガ倉庫

 

 

陶ismは赤レンガ倉庫内では異例の来場者数だったそうです。

客観的にみてもボリュームも内容もとても充実していたように思います。

僕もいろんな作家さんと知り合えて話せて、元気でました。

粘菌の話もずいぶんしました。観察会に興味をもってくださるかたもたくさんいて。

川上新一さんの本持っていったおかげかな。うれしかったです。

 

 

今回の陶ismはギャラリー賞というものが設定されていました。

参加する19のギャラリーが取り扱いたい作家を選ぶというもの。

僕はありがたいことにニューヨークのSara Japanese Pottery に選んでいただけました。

ニューヨークで展示できるなんて夢のようです。

選ばれた人も選ばれなかった人もその差は紙一重だと思うので「おめでとう」と声をかけてくれた人たちに恥ずかしくないように頑張ろうと思いました。そしてSaraさんとつないでくださった二階堂さんへは感謝しかありません。

 

 

 

 

さてさて。

12月に入ると毎年恒例の穴窯の窯焚きが始まります。

 

 

あと数日で窯詰めなのにまだ作品がなくて焦っていますが、久しぶりに粘土に触れるので楽しんで作れそうです。

一年でいちばん過酷な数日ですが、炎で土を焼くという経験自体が尊いといつも感じます。

いいのが焼けたら来年はじめに岡山高島屋であるグループ展に出したいです。

 

見学を希望されるかたは12/1までにホームページのcontactから連絡をください。

とってもわかりにくくその上住所がないのでどこかで待ち合わせて行くようになります。

それでは、また。

 

 

 

加藤直樹のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 外出してみると・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
陶ISM 2018 in 横浜

先日のワークショップ「土と草花と」にお越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

草花の選び取りとそのお試しスタンプはやはり楽しかったですね。

いろんな草花を用意してくださった岡野さんのおかげです。

ゆるやかであたたかい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりは12月中旬を予定しています。

それまでしばらくお待ちください。

 

 

 

 

さて。

勤労感謝の日を含む3連休が来週やってきますが、みなさん予定はお決まりでしょうか。

いろんな陶器見つつワークショップやりつつ近くに中華街のあるイベントなどいかがでしょう。

 

 

陶ISMは横浜赤レンガ倉庫で催される陶器のイベントです。

全国からおよそ100名の作家が参加します。

初出展なので様子がわかりませんが、来られた方に楽しんでいただけるようディスプレイを考えました。

それ用に什器も新調しました。

ホームページを見てみると魅力的な作家さんがいっぱいでした。

23日から赤レンガ倉庫一体ではクリスマスイベントも始まるそうですよ。

とっても楽しみです。

 

 

今回はポットをいつもより多めに作りました。

とはいっても失敗が多くどれくらいをお見せできるかわかりませんが。

ポットの口の部分ってろくろで挽く時に耳かきを使うんですね。

それがないと細長い口が挽けない。

こないだ、たまたま耳かきがなくて。それがないだけですごくかっこわるい口にしかならない。

不思議です。そんな些細なものひとつでできあがりの印象がずいぶん変わってしまうなんて。

 

結局そのとき挽いたものは組み立てまでいったんだけど、どうにも目にひっかかるというか、見てて「いいなー」とならない。

組み立てまでするとそれなりに時間がかかってるんですが、だけどどうにもイヤだったので土にかえしました。

 

時間を優先させたり数を優先させると、代わりに犠牲にしなくちゃいけないものが必ずあって、それはやはりつらいですね。

見てていい気持ちになれない。

焼いてしまうと一生形が残るんですよ。

今作ったものより次作るもののほうが少しでもよくなるように、納得しながらやっていきたいです。

 

 

陶ISM 2018 in 横浜

2018.11.23(Fri)-25(Sun)

10:00-19:00 ※最終日は18:00まで

横浜赤レンガ倉庫1号館2階

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 外出してみると・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
[work shop] 土と草花と

先日までの「活けるを考える」展ではたくさんのかたにお越しいただきまことにありがとうございました。

お華の展覧会に始めて参加したのですが、空間が様変わりする瞬間に立ち会うことができて、とてもいい経験になりました。

倉田安敏さんさすがでした。オープニングパフォーマンスもすばらしかったです。

玄馬千里さんすごくよかったです。空間の雰囲気を重みのあるものに変えてもらえました。

またやりたいです。

 

 

 

 

先日行った倉敷市立自然史博物館の博物館まつりもとてもよかったです。

脊椎動物グループの出していた鳥の剥製修復。

すごくたくさんの数を見ることができましたし、なによりもみなさん自信に満ちていたように感じました。

僕もやりたいなぁ。

 

庭瀬陶芸工房の作品展も11月7日までですが、搬入に行ったときに年々レベル上がってるなぁと感じました。

今回は大作もありステンドグラスとのコラボもありと見ごたえじゅうぶんです。

通われてる生徒さん同士の刺激にもなると思います。

 

 

 

 

 

 

そして、児島の素敵な古民家児島舎でワークショップをやります。

今回は僕ひとりではなく植物のPaleさんとご一緒するという特別企画です。

白磁のお皿を作るところまでを僕が。そこから植物を使ってお皿を装飾していくのをPaleさんが担当されます。

 

 

 

 

白磁のお皿はできるだけ完成度高く、そして手が汚れないような作り方を提案いたします。

以前リビングカルチャー教室でのワークショップと同じ作り方です。

(気になる方は過去の記事を参照してください。)

 

 

そして。白くてつるんとしたところにpaleさんセレクトの植物を貼り付けていきます。

 

paleさんのインスタより転載

 

 

この植物たちの表情がとてもよくて。

選び取りがすごく楽しいです。

「この植物のどこを使おうか」とか「どう置いたらいいかな」とか。

そういうことを考えながら失敗したらまたはがしたり、もう一度同じものを貼りなおしたり。

 

みんなでサンプルを作りましたが、この植物の貼り付けに夢中になってあっという間に1時間たってました。

きめの細かい粘土を使っていますので、植物の葉脈や綿毛の雰囲気までそのままお皿に転写できます。

絵を描くのは苦手だけど、葉っぱの模様のお皿は欲しいというかたには最適です。

自分用にもプレゼントとしても喜ばれると思いますよ。

焼き上がりはクリスマス前を予定しています。

 

お問い合わせとお申し込みはPaleさんのされている木琴堂が窓口になりますのでこちらinfo@mokkindo.jp まで。

お申し込みは11/15(木)までにお願いします。ただし定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

 

 

 

 

work shop 土と草花と

2018.11.17(Sat) 13:00-16:00

児島舎 倉敷市児島下の町5-7-3 駐車場あり

料金 3900円 お茶菓子つき

持ち物 花用または普通のハサミ エプロンまたは汚れてもよい服

定員 14名 ※小学4年生以上

 

焼き上がり後は木琴堂へ取りに行くか郵送かをお選びいただけます。

なお駐車場内でのトラブルにつきましては責任が持てませんのでご了承ください。

 

 

みなさまのお越しをお待ちしています。

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
活けるを考える

暑い夏が終わってようやく待ち望んでいた秋です。

秋はいいなぁ 食べ物もおいしくなるし空気もさわやかだしって思ってたら週末ごとに台風が来るじゃないですか。

10月になっても毎週台風。そして強風や高潮での被害。

これは体力的にも精神的にも踏ん張りどころですね。

時間かかっても乗り切りましょう。

 

先日までのエリアギャラリーでの個展でもことごとく台風でしたがお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

実りの多い日々でした。

まだまだやることいっぱい、頑張らなきゃなーって思うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、初めてお花の展覧会に参加します。

「活けるを考える」

とても意味深なタイトルですね。

 

 

 

 

主旨を思い違えていたら訂正しますが、この展覧会はお花の倉田安敏さんを中心に据えた花と花器によるバトルロワイヤルです。

(たぶん!!)

陶、磁、白磁、ガラス、金属造形、造形 とそれぞれの作家を表す言葉が違うのは、それを物語っていると感じるのです。

 

その中で 加藤直樹・磁 は玄馬千里さんと組んでインスタレーションを中心とした空間を作っていこうと考えています。

倉田さんの見せる花器と花の多様な解釈に、加藤・玄馬さんという違った切り口を提案することで、倉田さんの考える「活ける」がより際立つのではと思っています。

 

工房IKUKOの展覧会で初めて玄馬さんのリースを見て、そのエネルギーに惹き込まれました。その後お会いできることになったのですがご本人はきわめて丁寧でつつましく愛を持ったかたでした。作品とのギャップを感じましたが、それがいいですね。

こういう方と仕事をしたいと思っていたところで今回の機会を得ましたので、とにかく全力で。

自分の思う美しさと「うつわ」というものの解釈を示すことができたらと思います。

 

 

 

少しだけ「うつわ」について触れますね。

今作っているnature workの中で糸を使った作品群[construction コンストラクション]はうつわに骨格を持たせるようなイメージで作り始めました。本来的にうつわは外骨格(昆虫とかカニのよう)です。それは壷のようにうつわの内側が中空だから、外をしっかりさせて形を保つ作りになるんですが、その外骨格を顕微鏡で覗いたとしてしてください。

するとそこには組織が絡まりあった内骨格(脊椎動物)の世界が広がっている気がしませんか。

その不安定さ(というと言葉が違うかもしれません)がおもしろいと感じています。

視点の移動ひとつで外骨格が内骨格になるんですよ。

 

内側に空間が保たれるような(ものが入りそうな)作りであれば、それは広い意味でうつわと言っていい気がします。

「うつわの大きい人」という言葉も同じような意味でうつわを捉えてますよね。

 

そのようなうつわを提案してみようという試みです。

玄馬さんにそれを事細かに説明していませんが、僕の用意した空間を直感的に捉えてもらえたらと期待しています。

玄馬さんがまったく違うことを感じ取ったとしても、それはそれで楽しみです。

 

 

まだ作品がほとんど揃っていないので、これから頑張ります!

初日には倉田さんのオープニングパフォーマンスもありますので、ご興味ありましたらぜひお越しください。

 

 

「活けるを考える」

2018.10.28(Sun)-11.4(Sun)

10:00-17:00 ※最終日は16:00まで

オープニングパフォーマンス 10.28(Sun) 10:00-

 

遊美工房

 岡山県倉敷市玉島中央町1-6-21

 Tel 090-5378-6675   Fax 086-525-2893

 

 

岡島光則・陶

加藤直樹・磁

林淳子・白磁

増田ひで子・ガラス

村中保彦・金属造形

役重佳廣・造形

 

倉田安敏・花師

玄馬千里・植物

 

 

 

加藤のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
個展 nature works @AREA Gallery

今年の夏はさまざまな災害が日本をおそい、平成最後の夏が忘れがたいものになりました。

一日でも早く平穏な暮らしに戻れますように。

 

展覧会で各地を回るたび「先日は大丈夫でしたか?」とお互いに声を掛け合うのが平素と化してしまったのがその表れだと思います。

次の個展先である広島県府中市も7月の豪雨災害で被害が出ていたのでその話をオーナーさんに振ると、こちらの心配をさらりとかわすように「個展には影響ないですので」と言ってくださったのが心強かったです。

 

 

 

撮影・デザイン 戸倉弘一朗さん

 

 

 

先日あるテレビ番組の取材を受けていて(今のところ放送の予定なし)自分で話しながら気がついたんですが、このnature workの制作テクニックに思い入れがあるわけではないのだなと。

というのも、youtubevimeoで公開してるのもあって人の目を惹きやすいことをやっているのでそれに注目されがちだし、その話を聞きたい方はたくさんおられると思います。

確かにここに至るまではさまざまな試行錯誤があったので苦い経験もたくさんありました。

ですが、美しく焼きあがった作品を前にするとその苦労は全て忘れるし、いつまでも見ていたいと毎回思います。

窯出し直後は「きれいじゃなー」って連呼してます。

 

作ってるときは我慢してるか不安を抱えているかのどちらかで、これはもう呪いをかけているんじゃないかと錯覚するほどです。

その邪念を窯が焼き払ってくれて、作品へと昇華させてくれているようです。

 

 

 

個展に出す予定の作品たちは毎回新たな挑戦を試みていて、今回のものもうまくいけば(まだ窯の中!!)とても美しい仕上がりになるはずです。

 

それと今回は家具製作会社でもあるオーナーさんがわざわざ今展のために展示台を作ってくださりました。

それもすごく楽しみです。

 

 

エリアギャラリーは宙に浮いたような空間と広いピロティ部分が特徴的です。

それを今の感覚とうまく混ぜ合わせたいと思いながら、展示に臨みます。

 

 

(DMより)

窯の中で熱を加えると、花の作品は開きはじめ骨格の作品は動き出します。

それは僕の手の届かないところで作品たちによる物語が始まっているかのようです。

 

加藤直樹 陶展 nature works

2018.9.15(Sat)-10.8(Mon)

オープン日 9.15(Sat)-9.17(Mon)  9.23(Sun)-9.24(Mon)  9.30(Sun)  10.6(Sat)-10.8(Mon)

10:00-18:00 10.8(最終日)は17:00まで

AREA Gallery

 広島県府中市高木町1143-1

 Tel 080-4265-7924

 

在廊予定日 9.15(Sat) 9.16(Sun) 9.30(Sun) 10.8(Mon)

 

 

在廊に変更がある場合は加藤のホームページでお知らせいたします。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
CCCSCDとSFTへ

台風19号と20号はおよそ1日違いでどちらも日本にやってきました。

予想進路図をよく見ていると日本海のあたりで20が19を追い越すように見えます。

「あの合流ポイントでなにが起こるんだろうか」と妻とやいやい言い合いました。

 

合体してでかくなるとかお互いに打ち消しあって小さい台風が生まれるとか

 

その中で面白かったのが「立体交差する」

立体交差ってどっちかがジャンプするか海にもぐるか、それってファンタジーですね。

 

 

 

さて、そんな台風の合間にお皿たちを納品してました。

SFT(スーベニアフロムトーキョー)は六本木の国立新美術館の1階、地下1階にあるミュージアムショップです。

ホームページを拝見するとSFTとはー の欄にこのようなことが書かれていました。

 

「漫画からアートブック、工芸品から若手デザイナーの作品まで、知名度やジャンルにとらわれることなく、東京的視点で新しいデザインやアートをお届けします。」

 

 

納品した作品のうちのひとつ

 

 

とてもありがたいことです。そしてうれしい。きっとなにかを感じてもらえたのだろう、そのなにかをなくさないようにしようと思いました。

外国からのお客さんが多いようなので、その反応が気になるところです。

SFTの情報はインスタで随時アップされるようです。

 

 

 

 

 

CCCSCD(シーシーシーエスシーディー)は岡山市北区にあるカフェ、ショップ、ギャラリー、オフィスなどの複合施設です。

岡山市内に数店舗あるcifakaのお店の旗艦店のようなところだろうと勝手に思っています。

 

所狭しとステキなものが詰め込まれたショップ

 

 

こちらへは銀彩のうつわを中心に。カフェでも一部使ってもらえるようです。

 

 

納品中のうちの人たち楽しそう

 

 

お店で扱っているものはどれもとてもセンスよく、だけどもなにか引っかかるというか。

顔が整っているのと美人とは違うというような感覚と似たものを感じます。

そういう心地よい違和感のあるもの・場所って好きです。

オンラインショップ(mon cifaka)でその一部が見れますよ。

 

それとここのところ通ってて思ったのが、打ち合わせできる嬉しさです。

これは地の利というか、対面で気軽に打ち合わせできるのってすごく貴重なことだなと。

まだ納品が続くのでいろんなことを感じ取れたらいいな、と目の前に広がる緑をぼんやり見ながら思いました。

暑さがやわらいでくると旭川からの風も心地よいでしょうね。

 

 

ちなみに国立新美術館では8月24日から「荒木飛呂彦展」

CCCSCDでは8月31日から岡山県立美術館の「生きている山水展」に合わせて「山部泰司展」が開かれるそうです。

興味のあるかたはぜひー。そして加藤の作品もチラ見してください。

 

 

 

加藤直樹のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 外出してみると・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
児島の木琴堂へ

このところずっと聞こえてくるニュースでの呼びかけ。

「命に関わる暑さです」

「冷房は躊躇せず使用してください」

 

そうですね、気温が体温と同じかそれ以上か。

室温もそうとう高い。

しかし

うちの工房にはクーラーがないんですよね。。

 

このあいだ見たトレーラータイプのキャンピングカーにもエアコンの室外機付いてたのに。

仕事できないような暑さを感じていないのは年齢による鈍感力のおかげなんでしょうか。

 

 

 

 

さて、よく晴れたある日。

倉敷市児島の木琴堂さんへおじゃましました。

まだ6月末にできたばかりの新しいお店。

オープン時から作品を扱ってくださっています。

 

 

建物の2階。隣の部屋は雑貨モコです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主にドライのリースと生活やギフトにまつわる品々を扱われています。

リースや植物は店主でもあるPale(ペール)さんによるもの。

とても品よくまとめられていて、その明るい人柄ともあいまっていつも心惹かれます。

 

 

ペールさんのリースを初めて見たとき、すぐに「これください」と買い求めたのを覚えています。

それからお会いできることとなり、ときどき悪だくみのような話し合いをしつつ。

今年のフィールドオブクラフト倉敷でワークショップの花材を提供していただいたのも記憶に新しいところです。

 

 

 

 

ペールさんと話しているといろんなアイディアをするすると出されるんですよね。

それがいつもイメージしやすくて「それはステキだ」と思う。

そしてそれを作ってみたくなる。

そういうことで木琴堂へお渡しする作品はテンション高めで肩の力の抜けた作品たちになっていくでしょう。

 

 

 

木琴堂のオンラインショップもオープンしたそうです

 

 

この話し合いが今後も続くと思うととてもうれしいです。

 

 

 

木琴堂

岡山県倉敷市児島下の町7-5-21 2階
open 木・金 10-16時 / 第1土 10-17時
(お知らせなどはInstagramをご覧下さい。)

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 外出してみると・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【個展】nature works @エリアギャラリー(広島県府中市)2018.9.15-10.8 【グループ展】活けるを考える @遊美工房(岡山県倉敷市)10.28-11.4
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS