私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
児島の木琴堂へ

このところずっと聞こえてくるニュースでの呼びかけ。

「命に関わる暑さです」

「冷房は躊躇せず使用してください」

 

そうですね、気温が体温と同じかそれ以上か。

室温もそうとう高い。

しかし

うちの工房にはクーラーがないんですよね。。

 

このあいだ見たトレーラータイプのキャンピングカーにもエアコンの室外機付いてたのに。

仕事できないような暑さを感じていないのは年齢による鈍感力のおかげなんでしょうか。

 

 

 

 

さて、よく晴れたある日。

倉敷市児島の木琴堂さんへおじゃましました。

まだ6月末にできたばかりの新しいお店。

オープン時から作品を扱ってくださっています。

 

 

建物の2階。隣の部屋は雑貨モコです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主にドライのリースと生活やギフトにまつわる品々を扱われています。

リースや植物は店主でもあるPale(ペール)さんによるもの。

とても品よくまとめられていて、その明るい人柄ともあいまっていつも心惹かれます。

 

 

ペールさんのリースを初めて見たとき、すぐに「これください」と買い求めたのを覚えています。

それからお会いできることとなり、ときどき悪だくみのような話し合いをしつつ。

今年のフィールドオブクラフト倉敷でワークショップの花材を提供していただいたのも記憶に新しいところです。

 

 

 

 

ペールさんと話しているといろんなアイディアをするすると出されるんですよね。

それがいつもイメージしやすくて「それはステキだ」と思う。

そしてそれを作ってみたくなる。

そういうことで木琴堂へお渡しする作品はテンション高めで肩の力の抜けた作品たちになっていくでしょう。

 

 

 

木琴堂のオンラインショップもオープンしたそうです

 

 

この話し合いが今後も続くと思うととてもうれしいです。

 

 

 

木琴堂

岡山県倉敷市児島下の町7-5-21 2階
open 木・金 10-16時 / 第1土 10-17時
(お知らせなどはInstagramをご覧下さい。)

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 外出してみると・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
おしゃれなうつわ@リビングカルチャー教室

先日までのサンコアでの個展にお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

豪雨とその片付け、酷暑と台風という状況の中で外に出かけるというのは少なからず勇気のいることだったと思います。

そんな中お越しくださったみなさまには、感謝してもし尽くせないほどです。

何気ない話の中からさまざまに元気をいただきました。

無事終えられたこと、ただそのことだけでもうれしいのに、です。

 

 

nature works @Sans qoi

 

 

DMのコメントに「土と熱」の要素を懐疑的に検証したいとあてました。

その成果を見ていただければと思っていました。

単純に考える。常に理想を抱く。結果を期待しない。

 

たとえば構造という題名(construction)の作品。

これはうつわのかたちをしているのですが、うつわには「口」「腰」など体に当てるような言い回しがあります。

うつわ自体をより有機的に捉えると、構造も骨格であってよいのではと考えるようになりました。

そうすると、力のかかり具合でふとももの骨のように太くて長いところや指先のように細かく細いところがあるはずです。

 

そしてそれに熱を加えると、動くんですね。焼いて縮まるときに動く。

その動きが動物的であってほしいし、その歪みが動物的骨格によって助長されるのであれば、これは嬉しい驚きになります。

 

そうしたアプローチが入り口の作品でした。

まだ実験的ではありますが、これを継続していこうと考えています。

 

 

9月には広島県府中市のエリアギャラリーで個展があります。

この夏を越えて少しでも成長したいです。

 

 

 

 

さて、8月4日(土)はリビングカルチャー教室でのワークショップ「おしゃれなうつわ」でした。

こちらでの告知がまったくできませんでしたが、このワークショップに向けて

よりカジュアルに

完成度高めで

を目指して作り方を考えました。

 

成形が終わったワークショップの作品

 

 

やり方は既存のうつわにスプレーのりで蚊帳を貼り付けて、そこにたたらを押し当てるというものです。

スプレーのりで蚊帳を付けた後に口のところで蚊帳をきれいに切り揃えておくと、その後弓で口を切るときにすごくスムーズに切れます。

口をびしっと同じ厚みで作れると、それだけできれいに見えます。

そして土が少し乾いて型から外すので、歪みが出ない。

あとはケイカルボードの上で乾かすと底面が持ち上がる心配もなくフラットにできます。

 

今回は型にはめたあとに色々とスタンプを楽しみました。

同じ土で同じ説明をしたのに、できあがってくるものが全て違うというのがいいですね。

見ていてとてもうれしかったです。

 

今回の作品は8月中に焼き上げます。

また次回があれば、そのときこそは事前告知したいです。

というよりまたやりたいです!!

 

 

 

加藤直樹のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
個展に際して率直に

日本各地でさまざまな被害の出たこのたびの豪雨災害。

被災されたかたには心よりお見舞い申し上げます。

僕も岡山に住んでいるので人ごとではなく、妻の実家は床下浸水ですみましたが友人宅などは床上浸水したり避難所などへ避難したりと。

片付けの手伝いにいった地区は汚泥に浸ってしまった家具などが山になりどこからともなく漂う臭いも眉がゆがむようであり、これが地元だったらそのつらさは日に日に増すんじゃなかろうかとやりきれない思いになりました。

 

 

今週末からサンコアで個展です。

心情としてはすごく揺れています。

DMの宛名書きは七夕のころに済ませましたが、これを投函することすら戸惑っています。

楽しみにしてくださっている方々には申し訳ないことをしていると思っています。

心を決めて出しますので、もう少しだけお待ちください。

 

 

 

心地よさや日々の中に感じる美しさ。

くもの巣が張られる様子を見たり薄い膜のような雲を眺めたり。

水田を渡る風に冷えた水の存在を感じたりコップに入った氷の中をずっとのぞいたり。

 

それは心がニュートラルな時に得られていたんだとつくづく思いました。

今週末からの個展に際してどれくらいそれが表せるのか、不安を感じています。

 

行動をためらっている時はいつも迷いの霧の中で、ずっとずっと考えることでしかそこを抜け出せないのは知っています。

心の中がいろいろにかき回されてよどんでいるときは、全てのものが沈殿して上水が透き通るまで待つしかないことを知っています。

今はそのような状態です。

 

 

作品は着々とできています。

あと数日自分のペースを保ちながら自分と向き合っていきたいと思います。

その間メールやSNSでの返信がおろそかになりますが、どうかご容赦ください。

 

最後になりましたが、備前市立備前焼ミュージアムでの企画展「土と生きる」にお越しくださったみなさまありがとうございました。特に学芸員の江木さんと中尾さんには感謝しております。

個展にはそのときの出品作もいくらか持っていく予定です。

 

 

それではサンコアでお会いしましょう。

 

 

DMの撮影とデザインはM2フォトの戸倉さんにお願いしました。いつもありがとうございます!!

 

 

 

加藤直樹陶展「nature works」

2018.7.21(Sat)-7.30(Mon)

10:00-17:00

Sans quoi (サンコア)

 岡山県玉野市築港1-4-15

 Tel&Fax 0863-32-0866

 

加藤のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 工房にて | comments(0) | trackbacks(0) |
nature works @Sans quoi

フィールドオブクラフト倉敷が終わっておよそ1ヶ月。

今更ですが、お越しくださったみなさまありがとうございました。

人生で初となる器でのフクラフトェア参加でした。

いろいろと反響をいただき、これから先もお皿を作っていっていいみたいです。

ありがとうございます。

すでに渋谷の「暮らしの店 黄魚」さんには納品まで済ませており、かわいがってもらってるみたいです。

今後も数店舗の納品が続きますので、折に触れて報告させてください。

 

 

撮影:岡野康史

 

 

 

梅雨に入っておよそ2週間。

工房周辺は徐々に水位が上がり、湖の上で制作をしているような気分です。

田園地帯ならではですが、この時期は土間がずっと湿り気を帯びています。

もうじきうちの前の田んぼにも稲が植わり、蛙の大合唱が始まります。

 

 

次の個展までおよそ1ヶ月。

ここのところミクロとマクロからなる宇宙論にだだはまりしていて、まだ思考の段階なのですがかなりおもしろいです。

ミクロというと現段階での物質の最小単位は素粒子。ニュートリノとか電子です。

その最小単位を研究することが宇宙創成のなぞにつながるんだそうです。

へーですよね。

 

にわかですが説明しますと、ビッグバンが起きた時を考えるといいそうです。

宇宙は広がり続けていますが、その時計を逆回しにします。

すると空間はどんどん小さくなりやがてごくごく小さな1点に集約される。

いろんな物質が超高密度、高圧力で針の先より小さな点に集まっている状態。

これはミクロですよね。

そんなパンパンに詰まった点ははじけるように急激に膨張します。

それがビッグバンですって。

ということでミクロ(素粒子)とマクロ(宇宙)はつながってるんだそうですよ。

 

そんな宇宙のことをyoutubeでだらだら流しながら制作していると、いろんな知らないことが出てきました。

例えばインフレーションとか、暗黒物質とか10次元とか膜宇宙とか暗黒エネルギーとか。

知らなさ過ぎてすっごくおもしろいです。

そして理論物理学という分野の人たちの「見えないもの、わからないことを理論で説明する」という先端過ぎる研究も。

 

超ひも理論という理論をご存知ですか?

僕はやはりにわかなのであまり説明できませんが、おおまかに言いたいことだけ書きますよ。

物質の最小単位である素粒子。

これを点だと思っているといろいろ不都合が生じる。

高速で振動するひものようなものだと考えるとたちまち説明できる事象が増える、という理論。

常人では理解しがたいこの理論が50年くらい前に考え始められたというのにも驚きます。

 

こういうすごい人たちのおかげで世の中が透けていってるんだろうなぁと思います。

そして僕のような一般人にもわかりやすいように説明してくれる動画もたくさんあって。

 

 

とりとめもなく書きましたが、制作物に落とし込むにはまだかなりの時間と空想が必要です。

ですが、もうDMの雰囲気に出ちゃってるんですよね。

いつもお願いしてる戸倉さんとのやりとりでぽろっと出てたのかな。

ずばっと突いてくださる戸倉さんはさすがです。ほんとすごい。

 

 

 

 

実際には細胞膜や構造体の研究発表(っていっていいのかな?)が主です。

いや、繊細な磁器作品の個展です。

膜の部分はまだ制作物としてのアプローチがあいまいなんですが、それでも少しは形にしてもっていきたいです。

たとえばシャボン玉みたいにして成形できたらいいなと思うんですよ。

それがどうしたらできるのかはまったくわかりません。

何か思いつくかたがいればぜひ教えてください。一緒に考えましょう。

 

構造体については、建築からと生物からと。この2つをうまく融合させたいなぁと。

自分の中では有機的複合体と解釈していますが、単調な構造ではなく、その部分において最適な構造を見つけていきたいです。

やっぱりこれもまだ実験段階だなぁ。

 

 

 

と、ここまでは粘土による成形の糸口でした。

これはテクニックの問題が大きくて、でもその先。

焼物は焼成がメインですので、これをクリアしないと形にならないんですよね。

 

焼成についていま一番に考えているのは磁器土の白の美しさ。

美しいという基準を「透け感」だと思ってください。

透けるような白さを得るには1300℃近い温度が必要です。

それをカロリー(熱量)に置き換えたとき、何時間で何度まで上げれば同程度のものが得られるのか。

電気炉内の状態をどうしておけば効率よく熱が伝わり土が焼けるのか。

先日、尊敬する作家さんから輻射熱の伝わり方についての見解をいただきました。これも試さなきゃ。

 

 

とまあ、課題は山ですがいまできることをやって、その成果を見ていただいて、その上でいろいろとお話できたらと思っています。

ぜひご高覧ください。

 

 

 

 

 

加藤直樹陶展

nature works

2018.7.21(Sat)-7.30(Mon) 10:00-17:00

Sans quoi (サンコア)

 玉野市築港1-4-15

(DMより)

 基本的な現象に立ち返ること。陶芸は土と熱しか使ってないんだから、この2つの要素を懐疑的に検証したい。

 今はそんな気持ちです。

※初日在廊予定

 

 

加藤直樹のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
フィールドオブクラフト倉敷2018

ゴールデンウィークに入ったころ、苦しんでいた風邪からようやく開放されました。

ただ足かせのように鼻がすっきりせず、軽やかにスキップするような気分ではなかったところが惜しい。

 

今年のGWは備前焼ミュージアムでのギャラリートーク2日間とその合間のフィールドオブクラフトの制作でめいっぱいでした。

ありがたいことです。

家族ももう「おとうさんいそがしいからー」で諦めてくれている。

そのぶん周囲の親族へ過大な期待を寄せているように見えるし、実際やはり連れ出してくれたり遊んでくれたりして本当にありがたいです。

 

 

釉薬を施し窯に入る前の作品たち

 

 

6年ぶりくらいかな、フィールドオブクラフト倉敷に出展します。

日ごろほとんど器を作っていないため、9割以上新作で臨む今回。

 

ただただ自分にどんなうつわが作れるのかという自問自答をおこなってきました。

すでに本焼きの火は入っていますが、いまだに悩んでいる。

これはいつものことなんですよ。自分の作るものに対していつも疑うような感覚があって。

 

抽象絵画を描くような気分で平皿を作りました。

箱はアシスタントさんにすごく頑張ってもらって作りました。

スプーンはその什器をすごーく忙しいアクセサリー作家さんにお願いして作ってもらいました。

ペンダントライトは、昨年家を新しくした時の流れで家族が喜びそうなものを作りました。

コップは春に金重有邦さんと話しててどうしてもろくろが挽きたくなって、勉強のつもりで作りました。

ポットは菅沼淳一さんに作り方を教えてもらって作り始めましたが、進歩がなくてすみません。

ジャーは思った形に仕上げるために片腕とも呼べる佐野さんにすごく頑張ってもらいました。

ワークショップ用の実や花はリースのpaleさんにいっぱい集めてもらいました。

そこで使う綿花は玄馬千里さんにたくさんいただきました。

 

 

paleさんが集めてくれた花や実

 

 

いろんな人の影響があって、いろんな人に助けてもらって、ようやくここまでなんとか進めてこれました。

僕なりのクラフトの形を提示できればいいなと思っています。

 

「採集瓶を作ろう」というタイトルで5/13(日)にワークショップもやります。

白磁の小さい瓶の中に綿花をほぐした綿を詰めて、その中に上の写真の実や花を入れます。

ドーム型のガラスのふたをしてできあがりです。

見本も置いてますので、前を通りかかると様子がわかると思います。

 

 

このクラフトフェアの実行委員になって7年がたちます。

いまだに委員の方々に迷惑かけまくりで、顔の皮だけは厚くなった気がします。

毎年この2日間がとっても楽しくて、ずっと続けばいいのにと思っています。

来られるみなさんにとっても楽しい日となりますように。

 

 

 

 

フィールドオブクラフト倉敷2018

2018.5.12(sat) 10:00-17:00

5.13(sun) 10:00-16:30

倉敷芸文館前広場 ※雨天決行

(DMより)

 全国からクラフト作家が集い、”掌から生まれるかたち”をテーマに暮らしに寄り添う作品の展示と、大人も子どもも楽しめるワークショップを開催します。新緑きらめく倉敷で、作り手との出会いをお楽しみください。

 

 

加藤直樹のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikngly.com/

最近、オンラインストアもできました!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
土と生きる -岡山ゆかりの現代作家-

わち山野草の森での「森の展示室」にお越しくださったみなさまありがとうございました。

初日は天気もよく散策にはぴったり。とても気持ちのいい環境でさまざまな気づきや体験のあった二日間でした。

特に谷口聡子さんのニットがすばらしかったです。

くもの糸のような極細の糸で編まれたその膜はそこにある気配を現していて、遠くから見るとなにかぼんやりとした存在がある、という程度なのですが、時間と手をかけて作られていてものの存在自体に思いが及ぶ作品でした。

一部の作品が5月6日まで延長展示されることになりました。

ぜひ春の森で心地よい時間を過ごしてみてください。

 

 

さて、ホームページでは告知していたのですが、ブログでの紹介が遅くなってしまいました。

 土と生きる -岡山ゆかりの現代作家-

今日から始まってます。ほんと遅くてすみません。

 

搬入した時に撮りました。

 

 

 

美術館での企画展に参加させていただけるというのは、いつも猫背の加藤も背筋が伸びます。

備前焼の作家さん5名とその他の焼物の作家さん4名の展示です。

3月の曹源寺での「生かされている」展でもそうでしたが、ひとくくりに備前焼と言えない多様さがあります。

他の土でもそうすが、その作家さんの思考や姿勢がそのまま土に映っているような。

これは土を扱う場合特に顕著な気がします。

ごくごくわずかな力の差で作品の表情がまったく変わってしまうのが土のいいところでもあり怖いところでもあり。

それは土に触れるその瞬間に集約されていますが、その作家の精神性や生活そのものと一続きに繋がっているのだと思います。

今展の「土と生きる」にはそういった意味あいを感じました。

 

4.28(土)と5.5(土)には参加作家と学芸員によるギャラリートークもあります。

みなさんが何を考え、土とどう接しているのか興味のあるところです。

よろしければお越しください。加藤も2日間とも参加します。

 

 

 

 

 

 

土と生きる -岡山ゆかりの現代作家-

2018.4.26(Thu)-7.1(Sun)

9:00-17:00 (入館は16:30まで)

備前市立備前焼ミュージアム

 岡山県備前市伊部1659-6

 Tel 0869-64-1400  fax 0869-63-8300

 休館日 毎週月曜日(祝日または振替休日の場合はその翌日)

 

【出品作家】

天羽 羽衣 阿波 夏紀 市川 透 江口 葉菜子 加藤 直樹 金重 潤平 小出 尚永 小橋 順明 三浦 義広

 

【関連行事】

○出品作家と学芸員によるギャラリートーク

 4.28(土)、 5.5(土・祝) 13:30〜 (30分程度)

 参加費無料(入館料は必要となります) 申し込み不要

 

○備前焼を用いたいけばな体験

 6.16(土) 14:00〜 (1時間程度)

 参加費無料(入館料は必要となります) 定員10名 申し込み 4.26(木)より開始

 

 

 

ホームページも更新しています

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
森の展示室

開催中の「生かされている」@曹源寺にお越しくださったみなさまありがとうございます。

会期は明日12日までです。まだのかたはぜひ滑り込んでください。

 

今年の桜は早かったですね。

お花見し損ねたかたも多かったのでは。

季節をひとつとばしてしまったような、大事な忘れ物をしたような感覚です。

山桜や八重の桜だと岡山県内でもまだ楽しめるんでしょうか。

 

 

さて、いつも楽しく参加させてもらっている「森の展示室」が今週末にせまってきました。

森を散策するだけでも気持ちいいのに、合わせて感覚を刺激されとても豊かな気持ちになります。

館長の毒野草ツアーも毎回参加してバッチをもらってます。

 

2016の様子。どこまでも歩いていけそうな心地よさです。

 

 

出展者のかたもみなさんとてもステキで、自分が持っていない嗅覚、触覚、色彩感覚にうっとりすること多しです。

特に森でいただくお茶に気持ちが満たされることが多いです。

でも今年で森の展示室は終わりなんですって。寂しい限りです。

いろいろな事情があるのでしょうから、今年をしっかり楽しむようにしたいです。

 

 

山の中腹のトイレの近くにうつむいて咲いているお花。とても控えめな外観からは想像つかない内側のドットがステキです。

 

 

今年のテーマは「線」です。

いつもテグスを用いてそれらしいことをやっていましたが、今年は雨降りの予報なので、それを楽しめるような工夫ができたらと思っています。

具体的には雨の音とその波紋を楽しめたらなと。

器に水を張ったものをたくさん用意して森の中でみなさんのお越しをお待ちしています。

 

4月末に搬出に行ったときにはギンリョウソウに出会えました。

 

 

 

2017年の作品です。このときは「膜」について頭の中がいっぱいでした。膜についての考察も少しずつ進んできています。

 

 

加藤のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

(以下ディレクションしてくださっているハタノワタルさんより)

 

森の展示室

https://www.morinotenjishitsu.com/
わち山野草の森には、年間を通じて約900種類の山野草が息づいています。
そんな森の中で私たち作り手はそれぞれの空間を創りました。
曖昧な木々の境界をひとつの空間と見立て
広く整備されたわち山野草の森の中にいくつもの展示室が生まれ、お客様をお待ちしています。
今年のテーマは「線」
人が自然と共に暮らしていく中で人は様々な線を引いてきました。
人の住む空間と里山との境界線。森の中の道。田んぼの線。時間においても過去未来そして現在と線を引いてきました。
わち山野草の森の中で、人が森の中で表現という線を引く時、これからの人と自然を示唆するような空間が生まれてくると信じ、準備を進めています。
最初3人ではじまった森の展示室は、5年が経ち、どこにもない野外展に成長してきましたが、わち山野草の森で開催する森の展示室は今年が最後です。
去年から販売というよりも森の中で作り手と見るものが対話できる展示室をつくろうと取り組んできましたが、
賛同者も増え、今年は過去最高の50名の参加です。
森の作り手達とお客様が繋がり、次はどこか違う森の中でまたひっそりと森の展示室がはじまるかもしれませんね。

 

日時:2018年4月14日(土)15日(日)  10:00~17:00  一部作品は4月23日(月)まで展示をしています。(火曜日休園)

場所:わち山野草の森 京都府船井郡京丹波町坂原シヨガキ5  電話 0771ー84ー2041
協力金:森の展示室ははるいろさくらまつりのイベントのひとつです。  イベント協力金として300円頂戴します。  このお祭りは皆様の協力のもと運営しています。ご理解よろしくお願いします。

 

■森のアート
ORITO 柳弘之 大橋史人 吉田和代 金子朋恵 加藤直樹 太田良子 萩原桂子 小倉広太郎 logsee ハトエビス 中西真矢
河合和美 今西公彦 鈴木隆 つきよみ 谷口聡子 相良育弥 ハタノワタル 荒川尚也 チプラスタヂオ 藤森ちかこ
沓沢佐知子 大森梨紗子 アリサト工房 アキフミキング 市川孝 成井大甫 打田翠 白石陽一 moi.toi. 平間磨理夫

二名一気 平木奈々子 津久井珠美 川井有紗 笑達 i a i


■shop
archipelago つきよみ かごや


■お茶

喜喜茶(14日のみ) Sachi japanese tea 移動喫茶キンメ

 

■food
四月の魚(14日のみ) 季節といなり豆椿 あはひ 御菓子丸


■森の音
UMU・PRISM・O・LYRA 森美和子(篠笛)

 

 

森の展示室は、4月14日15日わち山野草の森で開催される「はるいろさくらまつり」のイベントのひとつです。はるいろさくらまつりメイン会場から少し山に入った場所で、ひっそりと開催されます。
https://www.haruirosakura.com/
年間を通じて約900種類の山野草が息づき、遊歩道が整備された森の中でアート鑑賞を楽しんでいただけます。はるいろさくらまつりでは、山野草を楽しむツアーや山野草の販売、地元のお店やオーガニックフードのお店が並ぶ「はるいろマルシェ」など様々なイベントが開催されます。
春の桜や山野草、ゆったりと山間を流れる由良川、山の空気を感んじながら一日中楽しめるお祭りです。

 

主催:京丹波森とアート実行委員会
協力:わち山野草育成会
後援:京丹波町・京丹波町観光協会・α station

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
+ PROFILE
+ 次の作品展は
  【グループ展】土と生きる 4.26-7.1@備前市立備前焼ミュージアム(岡山県伊部市)  【個展】nature works 7.21-7.30 @サンコア(岡山県玉野市)
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS