私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
11月の展示のお知らせ

いよいよ11月。

山も少しずつ色づきはじめました。今年もあと2ヶ月ですね。

 

すでに始まっているものもあり、告知が遅れ気味なのですが11月に予定されている展示をお知らせします。

 

gift展

2017.10.28(sat)-11.16(thu)

10:00-18:00

ビョルン

 岡山県倉敷市中央2-13-20

 

倉敷市立美術館横のちいさなお店ビョルンでの展覧会です。

すでに始まっていますが、参加作家も多くfacebookでアップされる様子から濃い内容が伝わってきます。

僕は白神恭子さんと初コラボしました。キャンドルホルダーを加藤、中に入れるキャンドルを白神さんに作っていただいています。

 

 

 

 

 

第4回うぶごえ展

2017.11.3(fri)-11.7(tue)

10:00-17:00

庭瀬陶芸工房

 岡山県岡山市北区平野868-7

   tel 086-728-5675

 

4年前のオープンから講師を勤めさせていただいている庭瀬陶芸工房の作品展です。

2階のギャラリースペースでの展示のほか、会員さんの作品販売コーナー、講師のマグカップ展も同時開催です。

教室に興味のあるかたは一度のぞいてみられることをオススメします。

 

 

 

Sans quoi cinq vol.10 上松茂世子

シルク&ホームスパン

2017.11.9(thu)-12.10(sun)

10:00-17:00

 休廊 4と8のつく日・水曜日

Sans quoi (サンコア)

 岡山県玉野市築港1-4-15

 tel 0863-32-0866

 

ディレクションさせてもらっているサンコアサンク(Sans quoi cinq)、今回はホームスパンの上松茂世子さんです。

手に触れるとわかるやさしい風合いと、糸を紡ぐところからはじめる作者の想いがぎゅっとつまったストールやマフラー。

よく見ると糸は決して均一ではなく、織り目のそこかしこに山や谷があります。

この微妙は起伏は人の手を経て得られるドラマだなと思いました。

 

 

 

おまけ。

これは展示ではないのですが今年も倉敷市立自然史博物館でおこなわれる博物館まつりにボランティアスタッフとして参加します。

僕が所属している脊椎動物グループは手羽先の骨格標本作りや動物の「かかと」に注目した展示などをおこないます。

昨年の手羽先骨格標本作りはとても好評で、受付前から列ができていました。

今年は先着10名ずつの3回を予定しています。

他にも博物館の外も中もいろんな催しをやっていますので、虫ボーイや骨ガールのみなさまだけでなく多くのかたに来ていただきたいです。

ちなみにこの日は入場無料です!

 

 

 

それぞれに魅力のある展示に参加できてとてもうれしいです。

お近くに行かれた際はぜひぜひお立ち寄りください。

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
きのこ展

先日の台風18号はなかなかでした。

みなさん被害はなかったでしょうか。

僕の住む団地は目の前の道路が冠水して避難勧告も出るなど、非日常の様相でした。

夜のうちはやや緊張しましたが、一夜明けたあの台風一過の青空に救われます。

「なんにもなかったような顔」してるみたいで、気が楽になります。

 

日当たりのいい場所にはきのこがにょきっと生えたりして。

 

 

ということで福山の ここちComfort Gallery 器 できのこ展に参加します。

 

これは試作です。(照明器具の仕様が思ったようなものじゃなかったんですよね)

 

きのこ展にあわせてきのこの傘のような照明を作りました。

金具選びから難航しっぱなしで不要なものを買ったりもしました。はじめは間に合わないと思いました。

お見せできるところまで進められてよかった。

 

ぜひご高覧ください。

会期中はきのこにちなんだワークショップもあります。

 

 

 

きのこ展

2017.9.23(sat)-10.9(mon)

10:00-19:00

ここちComfot Gallery器

 広島県福山市田尻町1974-1

 tel 084-956-0117

※月曜定休

 

石北有美 加藤直樹 小島秋彦 中野由紀子 西岡良和 mako

プロデュース 藤原明子(スペシャルきのこマイスター)

 

ワークショップ

・makoのはり絵ワークショップ

 9.24(sun) 11:00-16:00

 参加費1500円 ※随時受付

 

・消しゴム版画で、オリジナルきのこエコバッグを作ろう

 10.1(sun) 11:00-15:00

 参加費1300円 ※随時受付

 

 

ホームページも更新しています!!

http://yakimono.strikingly.com

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
GICB2017

韓国・利川(イチョン)にて京畿世界陶磁コンペティション(GICB)の受賞パーティーとオープニングに行ってきました。

https://www.kocef.org/eng/

※あらかじめ断っておかなければならないのですが、韓国にカメラの入ったカバンを忘れてしまったため写真は1枚もありません。

 

受賞パーティーというものに出席した経験がなく開始前はざわついていましたが、和やかでオープンな雰囲気が心地よかったです。

お会いできたみなさまと招待作家として同席された山田浩之先輩に感謝します!!

 

 

 

このGICBというコンペを初めて見たので、その率直な感想を記します。

あくまで個人的なものですので、実際に体感されることを強くオススメします。

 

まず規模が大きい!

利川(イチョン)の街のいたるところにのぼりが立っていて、お祭りの雰囲気を感じます。

タクシーの運転手さんに「ビエンナーレ!プリーズ!」というと会場まで連れて行ってくれます。

メイン会場の利川世界陶磁センターもとても大きく立派でした。

ちなみにイチョンの他にもヨジュとグヮンジュという地域でも同時開催しています。

シンポジウムでは世界各地からの美術関係者や招待作家がスライドレクチャーを丸2日かけておこない、それを無料で同時通訳付きで聴くことができます。

図録も分厚いハードカバーでコンペ作品が詳細に掲載されています。またシンポジウムの内容も4か国語(ハングル、中国語、日本語、英語)に翻訳された図録もあり、書籍としての読み応えもかなりのものです。

 

そして内容が濃い!

コンペについて、入選作はかなり現代美術(という表現が適しているのかはわかりませんが)を意識した、またはその要素を含んだものが多かったです。

具体的に言いますとコンセプトメイキングがしっかりしていそうな作品(英語が読めないので翻訳機に放り込んだ時の雰囲気)。

テクニックがあまり重要視されていない代わりに土をどのように扱うことが陶芸の歴史観と合致するのかという問いかけのような。

焼いてない作品も多々ありましたし、映像だけの作品もいくつかありました。3Dプリンタで作ったものもありました。

ただしモノの存在があいまいな中、マス的な彫刻要素を含んだ作品がグランプリでした。金賞は器のかたちの作品でした。(ちなみに僕は銅賞でした。)

さてさて、これをどう捉えるかですよね。

 

ここから先の解釈は多岐にわたりますので、時間をかけてゆっくりと咀嚼する必要があると感じています。

ひとつ言えることは、この国際コンペが現代陶磁を見るうえでひとつの指標になるということではないでしょうか。

 

利川(イチョン)へは仁川(インチョン)空港または金浦(ギンポ)空港から高速バス1本で行くことができます。

利川総合バスターミナルに着いたら「ビエンナーレ!プリーズ!」で5分後には会場前ですので、興味のあるかたはぜひ!!

 

 

加藤直樹Naoki Kato http://yakimono.strikingly.com/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
Nature works @AREA GALLERY

最近外で作業していると蚊がとまってきます。

かまれます。

 

もう11月がくるというのに亜熱帯化がとまりませんね。

そのうち年中蚊取り線香が必要になるんでしょうか。

 

 

 

さて、追い込みがひどすぎてお知らせが直前になりましたが個展が始まります。

2年ごとにお世話になっている広島県府中市のAREA GALLERYでの個展です。

 

ここのところ粘菌熱が加速してますので菌の住む世界をイメージした展示を試みています。

AREA GALLERYは2階に展示空間があるんですが、会場前のピロティ部分が広いのでそこも使ってます。

ワークショップも粘菌さがしです。

 

 

ギャラリーから10分ほど行ったところにある森は林道もあり頂上には展望スペースもあります。

林道に入らずわき道を行くと、舗装されていない菌たちの楽園にたどり着きます。

そこでじっくりと観察します。

 

最近もぽろぽろと雨が降っていますし気温もあるので、とてもいい観察環境になっているはずです。

フードは路地裏闇食堂さんにご協力いただけることになりました。

おみやげの他に朝ごはん的な販売もあるかも、、、僕も今から楽しみです。

 

お申し込みはギャラリーへメールか電話(080-4265-7924)でお願いします。

締め切りは11月3日ですので、気になる方は早めのご予約をお願いいたします。

 

 

 

加藤直樹陶展 NATURE WORKS

2016.10.29sat-11.6sun

10:00-18:00

AREA GALLERY

 726-0013 広島県府中市高木町1143-1

   tel 080-4265-7924

 

特別ワークショップ「粘菌をさがそう」

 森の中で粘菌(変形菌)を見つけてみましょう。

 大きさ数ミリだけどルーペでのぞくとあらおもしろい。

 初心者も大歓迎です。

2016.11.6sun

 集合 7:30 @AREA GALLERY

 参加費 1000円 おみやげつき(協力:闇食堂)

 ※要予約

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
NATURE WORKS

つい先日まで「梅雨は明けた!!」と言いたくなるような暑さが続いていたかと思えば今夜は大雨。

お天気のことはわからないものです。

 

梅雨のさなかですが個展が始まります。

「NATURE WORKS」

震災後なかなかコレ!!というものに行きつくことができず右往左往しておりましたが、ようやくコレ!!が見つかりました。

割れてしまいそうなやきものを一生懸命作ります。

自然のものをモチーフに制作するスタンスは変わりませんので、今後の作品をNATURE WORKというシリーズとしてまとめてみます。

 

これでようやく気持ちを一歩前へ進めることができました。

 

思い切って前へ。と同時に最近かなり感傷的です。

旅立つ前のもやもやのようなものでしょうか。

早く個展が始まってみなさまに見てもらいたいと思うのと同時に、見てもらうのが怖いという気持ちも常に小脇にかかえていて。

息継ぎの仕方を忘れたまま泳いでいるようなもがき方をしています。

 

 

ただ目の奥は光をとらえて進んでおりますので、ぜひご高覧下さい!!

 

 

 

 

 

 

個展のたびにいろいろな挑戦があるのですが、今回はイラストレーターの34(さんじゅうよん)さんと一緒に

手描きのイラストを磁器に焼き付けました。

数年前から「刺青のはいった背中を皮一枚はがしたような薄さの絵」というイメージを温めていたんですが、それの足掛かりとなるような作品が出来上がりました。

こちらもぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の宇野港近くでは7.16(sat)にUNOICHIも開催されます。open15:00-20:00ですので夕方涼しくなってから海の方にふらっと出かけてみたいです。

そしてまたすぐ目の前にある直島では7.18(mon 海の日)から瀬戸内国際芸術祭の夏会期が始まります。

今年もおおいに盛り上がってますね。

 

 

 

 

 

(DMより)

見えないけど確かにそこにあるもの。

息をはきかけた時に見える、あの水滴のような。

生きものの体の中の構造もふだんは見えない、さらにその中の組織もふだんは見えない。

そういうものを知りたいです。

 

 

 

加藤直樹陶展

NATURE WORKS ネイチャーワークス

2016.7.9(sat)-7.19(tue)  ※close:7.13(wed)

10:00-17:00

 

Sans quoi(サンコア)

 岡山県玉野市築港1-4-15

 tel&fax 0863-32-0866

 

 

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
Sans quoi cinq(サンコアサンク) vol.6 細見博子
Sans quoi cinq(サンコアサンク)では作家さんの選定から作品展示までをお手伝いしています。

サンコアサンクも早いもので7回目(vol.6ではありますが、幻のvol.0がありましたので)です。
年3回をめどにやっていますので2年やったことになるんですね。
3年目もよろしくお願いします。


今展はガラスと金属で独特の造形世界を生み出す細見博子さんです。
全国あちらこちらでお忙しくされています。

細見さんの作る生きものたちは楽しげ。
目を覗き込むとなにか言いたげ。いや、なにか言ってますね。


ということで今回は細見さんの楽しそうな雰囲気を感じ取りつつ展示をいたしました。
ぜひ生き物たちを目を合わせて会話を楽しんでください!!
























Sans quoi cinq vol.6 細見博子
2016.6.11(sat)-7.5(tue)
10:00-17:00 
 close 4と8のつく日、水曜日

Sans quoi
 岡山県玉野市築港1-4-15
 tel&fax  0863-32-0866
 タンブラーはじめました!  http://gallerysansquoi.tumblr.com/




JUGEMテーマ:アート・デザイン
| art | comments(0) | trackbacks(0) |
クラフトマン7
G.Wも終わり夏が近づいてきた感じがします。
と。その前に梅雨ですね。

雨が好きなわたくしとしましては梅雨も楽しみです。

と。その前に、作品展があります。



一輪挿し 今回の作品展に合わせて作りました

今回は倉敷です。
毎年3月におこなっているチャリティー展「倉敷からの風」の出展メンバーの一部7人でのグループ展です。
その7人のジャンルがそれぞれ特徴がありまして。

小野一 革
加藤直樹 磁器
加門純子 ニードルフェルト
北野静樹 染色
杉田修一 木工唐木
ピタパタ 陶笛
村中保彦 ステンレス彫刻 

みなさん魅力的なものを作られるかたばかり。
いつもチャリティー展で見ていて「いいなー」と素直に思います。
7人7様。とっても楽しみです。


熊本の地震から1か月がたちますが、大きな土砂災害に見舞われたところなどまだまだ痛々しい形のままのようで、映像を見るたび心がきゅーとなります。
この作品展での売り上げの一部はAMDAを通して熊本地震の支援活動にあててもらいます。
ほんの少しでも力添えができれば。




(DMより)
このグループ展は、震災チャリティー展「倉敷からの風」の参加作家等からなるグループ展です。
毎年恒例のフィールドオブクラフト展に合わせて、倉敷の街がこの時期クラフト作品であふれるようにとの想いで企画しています。
いつもと一味違う作品も展示しています。ぜひ、ご高覧ください。     杉田修一

第2回 杉田修一とクラフトマン7
2016.5.20(fri)-5.23(mon)
10:00-18:00  ※最終日は17:00まで
koba coffee 倉敷川店2Fギャラリー
 倉敷市本町5-27
 tel&fax 086-425-0050



会期中の5.21(sat) 22(sun)にはすぐちかくの倉敷芸文館前広場でフィールドオブクラフト倉敷も開催しています。
この二日間は係としてフィールドオブクラフト倉敷の会場に出ています。
とにかくお天気になりますように!!!!!



加藤直樹ホームページも更新しました。
http://yakimono.strikingly.com/

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| art | comments(0) | trackbacks(0) |
森の展示室と空想時間
そろそろ桜が咲きますね。
ただひとつの花が咲くだけなのにどうしてこうわくわくするんでしょう。
桜に限らず春の花の開花は嬉しいです。


4月に入ってすぐ京丹波の桜咲く森の中で展示をします。
森の展示室
聞いた時にいいタイトルだなぁと思いました。
色でいうと濃い緑のイメージがあったんですが、「はるいろさくらまつり」も同時開催されるとのこと。
もっと明るい色の森になりそうです。
はるいろさくらまつりの中では山田園長に聞く毒野草ツアー、気になります。
毒キノコ帽子もキュート!


加藤が参加するのは
空想時間靴箸いΣ餞も少し長めのイベントです。
はるいろさくらまつり、森の展示室と同じ森の中で日常と少し違った空間を用意できればと思います。
日々状態の変わる森という環境だからこそできる展示をめざします。
イメージとしてはこういう感じです。




森の展示室のfacebookにアップされる作家さんたち(僕も紹介していただきました)。
とても興味をもって見ています。
みなさん魅力的。
個人的にはくまちゃんが気になります。森のくまちゃん。



合わせて「拾いものツアーと標本作り」ワークショップを行います。
会場内の作品も巡りながら拾いものができればと今からわくわくしています。
4.2(sat) 13:00-
 加藤作品の近くに集合してください。
 森を歩きますので、動きやすい格好が望ましいです。拾いもの用にビニール袋を2〜3枚ご用意ください。
 雨天の場合は中止します。
参加費:1500円(標本用のいれもの付き)


ぜひ春の森の中に迷い込んでください。


空想時間
2016.4.2(sat)-4.17(sun)
10:00-16:00
 close:4.5(tue) 4.12(tue)

森の展示室
2016.4.2(sat)-4.3(sun)
10:00-16:00

どちらもわち山野草の森 の中
 京都府船井郡京丹波町坂原シヨガキ5
 tel 0771-84-2041



(以下、チラシより抜粋)
森の展示室
森の展示室は森の中の木々の間をひとつの展示室とし、作り手やギャラリー自らが展示販売をするクラフト市です。
基本的には簡易テントなどを使わず、森の空間をひとつの展示室とし、各々が森を活かし展示をしています。



森の中で、空っぽになる。
でも、なにもない空っぽではなく、
なにかに満たされた空っぽ。
2014年よりはじまった空想時間。過去、未来、そして現在をつないできた森だからこそ感じれる時間、空間を大切に取り組んできました。
昨年は森の端の方で展示した鈴木隆さんの妖精を感じる作品群を見、そして今年はさらに多くの参加者を募り、より充実した空想時間を目指しています。
森の中で記憶にふれる。その先の未来の時間を想像する。
現代のつくりすぎられたものに対して、私達の意識の先はどこを見ていく?
昔より続く、つくること、色、形。
過去、未来そして現在へまわるまわる空想時間。
わち山野草の森の中をステージに作品を展開しています。     森の展示室代表:ハタノワタル



空想時間 参加作家
荒川尚也 市川孝 市野雅彦 太田良子 加藤直樹 黒田有里 春分堂 鈴木隆 高木剛
タケモリチエコ チプラスタジオ ハタノワタル 森田春菜 yukawai 吉田和代  他

森の展示室 参加作家
アキフミキング archipelago 東亨 石井良恵 今西公彦 金子朋恵 奥田早織 河合和美
さとうちえ 鈴木直彦 菅沼淳一 スタヂオ・ワン 中西真矢 中村友美 新田佳子 能勢貴臣
萩原桂子 八田亨 藤森ちかこ みたて 宮内知子 森本仁  他




ホームページも更新しています
http://yakimono.strikingly.com/




JUGEMテーマ:アート・デザイン
| art | comments(0) | trackbacks(0) |
倉敷からの風2016
先日までの岡山高島屋での6人展、サンコアでのサンコアサンク仁城義勝展はどちらも無事終了いたしました。
お越しくださいました方々、気にかけてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。



春が来るとき、待っていました感というかいよいよというか。
いつもそんな言葉が自然に出てきます。

倉敷からの風が始まる時期はいつもそんなとき。




今年は57名の作家さんのご賛同をいただき、およそ200点の作品が倉敷に並びます。
東日本大震災の1年後から始めた作品展は今年で5回目となりました。

この作品展はチャリティーオークションという形式をとっています。
会場で気になる作品があった場合は入札票に金額を記入してください。
会期最終日3.13(日)の16時に受付を締め切り、開票。
入札額の一番高かった方が落札となります。
なお、同額入札場合は入札日時の早いほうが落札となります。

今年もみなさまのご参加お待ちしています。








第5回東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークション
倉敷からの風
2016.3.8(tue)-3.13(sun)
10:00-18:00
スペースみき および クラフト&ギャラリー幹
 倉敷市中央1-6-8
   tel/fax 086-422-7406

※作者へ4割支払いの後、通信費を差し引いた金額をAMDAへ被災地支援限定として寄付いたします。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
| art | comments(0) | trackbacks(0) |
この冬納品しました
暖冬暖冬と聞いていましたので今年は冬(特に朝晩)に対する警戒心が薄れっぱなしですが
やはり冬は冬。寒い日は寒い。
うっかりしてるとすぐ風邪をひいてしまいます。
インフルエンザもはやり始めたといいますし。


そんな中、お世話になっているひとてま堂さんに納品をいたしました。


薄い四角い花入れ 15000円


写真の撮影でも時折お世話になっている店主さまがとてもステキな写真を載せてくださってます。
使う時のサイズ感が想像しやすい写真が多く、使う側の目線できちんと紹介されています。

今回納品したのは
白い一輪挿し
薄い四角い花入れ
黒釉マグカップ
他数点です。
随時更新される予定ですのでぜひぜひwebをチェックしてください!




昨年個展をした葉山のARAHABAKIさんでも常設でいくつか作品を扱っていただけることになりました。
葉山へ行かれる際はopen情報をチェックしてぜひお立ち寄りください。
海も山もすぐそばにある気持ちのいいギャラリーです。



2月24日からは岡山高島屋でのグループ展も始まります。
気を抜かず潜ります。

オフィシャルホームページも更新しました。
http://yakimono.strikingly.com/

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| art | comments(0) | trackbacks(0) |
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【ディレクション】Sans quoi cinq vol.10 上松茂世子 @Sans quoi(岡山県玉野市)11.9-12.10    【グループ展】INTERIOR & PRODUCT EXHIBITION 2017 @art space MUSEE(岡山県岡山市北区) 12.2(sat),3(sun)
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS