私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
ピンセット

蒸しますね。梅雨。

先日から家の内壁を塗っていて、珪藻土には調湿効果があると聞いていたので部屋は快適。

いずれ工房の内壁にも珪藻土を塗りたいです。

 

 

さて、以前から気になっていた道具を買いました。

ピンセット。

いま作っている作品はピンセットを使って作り上げるシリーズ。

https://youtu.be/EfD-ouMNVH4

 

より細かいことをやろうとした時に、今のピンセットではなかなかうまくいかない。

ということで買いました。

dumontのほっそいピンセット。

 

 

 

 

驚いたことに先端がわずかにカーブしています。

細いものがすごく掴みやすい。

そして本体が細身なので手の中で上下を返しやすく、糸のクセに応じやすい。

こだわりの詰まったとてもいい道具を手に入れました。

 

 

ただこれはあくまで道具。

想いをサポートしてくれる要素のひとつであって「このピンセットで何ができる」と考えはじめるとおかしなことになりそう。

あらたな道具を使いこなしてよりよいものを作りたいです。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
粘菌観察会@姫路市自然観察の森

 

 

ギャラリーしをりでの吉本里絵さんとの二人展無事終了いたしました。

お越しくださったみなさま、気にかけてくださったみなさまありがとうございました。

とてもたくさんの方に見ていただけてうれしかったです。

 

ご一緒した吉本さんにもいろいろ教えてもらってとてもありがたかったです。新作へのトライの仕方がぼんやりと見えてきました。

企画してくださったギャラリーしをりさんにもたいへん感謝しています。

 

 

 

さて、最近あまりいくことができなかった粘菌の観察会。

梅雨入りの発表もありましたので粘菌の季節到来です。(好雪性粘菌はすでに出ていますが)

 

初めて姫路市自然観察の森へ行ってきました。

すべては粘菌観察会へ参加するために。

 

 

 

クモノスホコリは首をゆっくりと振りながらガラポンのように胞子を振り落していくというおもしろい性質をもっているそうです。

胞子が落ちたあとのボンボリの骨組のような形も実態顕微鏡で見させてもらいましたが、なんと精巧な作り!美しい!

 

変形体の原形質流動も見させてもらえましたし変形菌を初めて見つけることができましたし標本の作り方も教えていただけましたし

とっても楽しい1日でした。

 

 

アトリエに帰って変形菌を飼ってみます。

うまくいくといいんだけど。。

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
【報告】夏の粘菌観察会

今年の夏もニュースから早明浦(さめうら)ダムの水位が減っているという話題が聞こえてきました。

ほぼ毎年この時期になると水の事が気がかりになるのはつらいことです。

 

森の中もカラカラ。

数週間雨らしい雨が降っていませんでしたからね。

粘菌たちもどうにも身動きとれない状況の中、今年制定された山の日(8月11日)に山に入ってきました。

 

 

 

新メンバーの参加もありお弁当持ってうきうきしながらの観察会です。

乾いた山の中では粘菌の子実体(胞子を飛ばすためのかたち)もカラカラでした。

 

 

ムラサキホコリ

 

 

 

ヤリカミノケホコリかなぁ

 

 

 

トゲケホコリかなぁ

 

 

 

胞子も飛びつくして細毛体むき出しの姿もかわいかったです。

森の中を丹念に探しまわっているとあっという間にお昼になりました。

 

お昼は見晴らしのいい山頂へ。

登り始めた時はそれぞれ10匹くらいの蚊を従えての観察でしたが、山頂では不思議と1匹もいませんでした。

木陰もあって快適。そのまま昼寝してしまいそうな心地よさでした。

 

 

 

次はもう少しウェットな状態の森に入りたいなぁ。

秋雨の晴れ間を狙ってさわやかに観察会ができたらと思います。

次は未熟子実体にも出会いたいです。

 

興味のあるかたがおられましたら僕のホームページhttp://yakimono.strikingly.com/ でも告知していますので

お気軽にお申込み、ご連絡をください。

 

 

【観察報告】

 2016.8.11(thu)

 @吉備の中山

 ・ムラサキホコリ ・ヤリカミノケホコリ(?) ・トゲケホコリ(?)

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏の粘菌観察会

個展が終わって10日。あちこちに出かけていたらあっという間に8月。

 

前日までのサンコアでの個展は無事終わりました。

来てくださったみなさま、気にかけていてくださったみなさま、ありがとうございました!

おかげさまで納得のいく作品展になりました。

 

今後はさらに精進いたしたいと心の底から思っています。

すぐに怠けようとするクセも直したいです。

そしてここから勝負をしようと強く思っています。

 

 

 

さて、個展が終わってあちこち出かけていたうちのひとつが森です。

先日貴重なお誘いをいただいて人生で初めて冬虫夏草の観察会に参加しました。

 

 

冬虫夏草はご存知ですか。

土の中の生き物に寄生するキノコなんですが、勝手なイメージでものすごく見つけづらいものだと思っていました。

 

森の中にこういう状態で生えています。

広い森の中でわずか1cmくらいひょこっと生えたキノコ

 

 

それが。

スポットのようなものがあって、そこに行くとすごく簡単に見つかるんです。

そこを教えていただいたから簡単なんでしょうが。

なにはともあれ生まれて初めて冬虫夏草を見つけて、そして掘りました。

 

掘り始めると少し長い柄が現れます。

 

 

 

 

これをさらに掘り進めるとその先に土の中の生き物が出てきます。

 

 

これが冬虫夏草です。

ちなみにこれはツクツクホウシタケだそうです。

(ツクツクホウシの幼虫に寄生してるからツクツクホウシタケ)

 

掘る時も楽しかったです。

中に埋まっているものがどんな状態なのか、出てくるまで分からないっていうところが宝探しのようで。

 

 

 

今回、吉備の中山という森に入ったのですが、とてもきれいに整備されていて散策しやすかったです。

ということで次の粘菌友の会の観察会は吉備の中山で行うことにします!

 

 

 

日時 2016年8月11日(木・山の日)9時集合

場所 吉備津彦神社 駐車場

持ち物 弁当 飲み物 蚊よけグッズ 採集用ビニール袋 観察グッズ(あれば)

 

 

参加希望のかたは8月7日までにメールnk2772@yahoo.co.jp までご連絡ください。

またはツイッタ― @naokishow またはfacebook 加藤直樹 にメッセージを送ってください。

 

 

吉備の中山で出会ったヘビヌカホコリ

 

 

観察会は9時から13時過ぎまでを予定しています。

お昼も山の中で食べるのでお弁当をお忘れなく。

この時期蚊がすごいですので肌の露出がないように気を付けてください。

 

ではでは、森の中で会いましょう!!

 

 

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
粘菌友の会活動報告
先日までのクラフトマン7とフィールドオブクラフトは無事終了いたしました。
お越しくださったみなさまほんとうにありがとうございました!
とっても好天に恵まれ、5月らしからぬ陽気の中充実した時間を過ごすことができました。




さて、そろそろ梅雨ですのでこちらも熱を帯びてまいります。

粘菌


先日、岡山県自然保護センターの山中に粘菌探しに出かけてまいりました。



はじめは軽ーい気持ちで森に入ったんですが、会員ふたりして本気になってしまってすいぶん長い間森の中をうろうろしてしまいました。
前日の雨にも関わらず森の中はそれほどしっとりとはしていませんでしたが、冬籠りから目覚めた粘菌たちに出会うことができました。



ムラサキホコリ



ツノホコリ



マメホコリ


観察の時は15倍のルーペ片手に枯葉や倒木に吸い寄せられるように移動します。
粘菌がいるところにはキノコたちもいます。




ホウキタケ 初めて見ました。サンゴみたい!



タマキクラゲ たぶんできたて。

タマキクラゲは食べられるそうです。触るとぶにぶにですが、どんな味なんでしょう。



梅雨に入って気温が上がると虫も蚊も生きものたちがいっぱい増えて森の中は大賑わいです。
次はいつ森に入ろうかな。






粘菌友の会では会員を随時募集しています。
ザ素人の会ですのでお気軽にお声掛けください。
一緒にルーペの中のきらきらした世界をのぞきましょう。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
常山ハイキングと拾いものツアー+標本作り
先日のサロン薔薇と迷宮でのトークイベント「骨と肉(欲)」では、たくさんの方にお集まりいただき誠にありがとうございました!
最初にマシンへの不理解でトラブルがありましたが、おおむね順調に進めることができました。
集まってくださったみなさまもそれぞれに濃ゆい方ばかりで、そんな方々を前に話をすることに緊張もありましたが
今までより骨への理解を深めていただけたのではないかと思っています。

骨をかじり肉をむさぼるみなさまの姿はとても印象深いものになりました。
路地裏闇食堂さん、すばらしいフードをありがとうございました。

個展は11.8(sun)まで続きます。
まだお越しでない方はぜひ滑り込んでください。



11月に入って景色に目をやると、稲も刈り取られ山も色づきはじめ、もうすっかり秋ですね。
森の中では木の実やキノコ、菌類などいろんなものに出会えそうな季節です。
前回、葉山のARAHABAKIでもおこなった「拾いものツアー+標本作り」
倉敷の生活具のお店ryokuさんの協力によりパワーアップして岡山で開催いたします。

小学3年生以上ならどなたでも参加オッケー。
岡山市と玉野市にまたがる常山を登り、頂上ではお弁当もあります。
下山後は加藤工房に行き標本作りをおこなうというフルコース。

秋の森で出会える色とカタチを探しながら、ゆっくりと自然の中を歩きましょう。
ryokuさんのブログに「常山ハイキングと拾いものツアー+標本作り」の詳細が載っています。ぜひご覧ください。



9月に葉山で拾ったものたちと今回準備する標本箱の一部



要予約ですので、参加希望のかたはryokuさんへメール(ryoku★green.megaegg.ne.jp)もしくは営業時間内でしたら
リョクさんへ電話(086-431-2227)をお願いします。

メールの場合、
1.参加者全員のお名前
2.人数
3.車の台数
4.メールアドレス
5.緊急の連絡先(携帯番号)

以上5つは必須事項です。もれなくお願いします。
メールでお申込み頂いた場合は、必ずリョクさんより返信メールがあります。
リョクさんからメールが届かない場合は申込みが完了していない可能性がありますので、お手数ですがご一報ください。




「常山ハイキングと拾いものツアー+標本作り」
2015.11.15(sun)
10:00-15:30(予定)
集合場所 サウスビレッジ駐車場(岡山市南区片岡2468)
定員 8名様まで お子さんの参加の場合は小学校3年生以上〜
参加費 2500円 (参加費、お弁当、おやつ代、標本箱1つ分)
ハイキング案内、標本作り講師  加藤直樹

持ち物
 スーパーの袋(2.3枚)
 軍手
 飲み物
 敷き物
 筆記用具

服装
 歩きやすい服、靴(スニーカーなど)
 できればリュック
 羽織るもの


大体の行程
サウスビレッジ駐車場(10:00)→常山(10:15)→ハイキング→山頂(12:30)
→お弁当(〜13:00)→下山着(13:45)→移動 加藤工房にて標本作り→
解散(15:30頃 前後します)






JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
粘菌流出
やはり梅雨ですね、ツユ。
こういうジメジメした時期は苔が地面をどんどん浸食していって、見慣れたところでもいろんな種類の苔を見つけることができて楽しいです。
最近、庭のあちこちに出てきた苔を工房前に移植し始めました。
これで苔庭ができないかなぁと夢想しつつ。
そしてもうひとつの梅雨の晴れ間の楽しみはコレ。





このお手玉みたいなものは粘菌(または変形菌)という植物のような動物のような生きものです。
菌というだけあって、この画像のもので大きさ1mmくらいと、とても小さいです。
普段歩くスピードでは目の端にも止まらない大きさです。

この粘菌を探すべく目をぎらつかせて身を低く森を歩くのです。
梅雨の晴れ間から2〜3日するとこういった菌たちに出会えます。
(どれも名前は調べてませんので、詳しくは日本変形菌研究会の「変形菌の種類」をご覧ください)








倒木や枯葉などを丹念に探すといろんな形、いろんな色の粘菌に出会えます。
そしてルーペがあると世界がさらに広がります。
例えば枯葉に乗ってるちいさいつぶつぶ。
これをルーペでのぞくと





み、見づらい。。

実際にはひとつひとつがキノコのような形をしているのがわかります。
さらにキノコでいう笠の部分が開いてるものもあります。

こういうのをじーっと見てるとそのおもしろさにため息連発です。




森ではいろんなキノコや菌にも出会えますよ。






僕はどれがキノコでどれが粘菌かまで詳しくないので、手当たり次第におもしろいと思うものを見つけてますが
詳しい方たちにはもっとディープな楽しみ方があるんでしょうね。
そういう方々とも一緒に森に入ってみたいです。



※夏の森はマムシや蜂、からだにまとわりつく大量のヤブ蚊もいるのでじゅうぶんに注意して入りましょう。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
未知との遭遇
サンコアでの個展が終わってからずいぶんたってしまいました。
お越しくださったみなさま、気にかけてくださったみなさま。本当にありがとうございました。
個人的にはとても気に入った展示ができたと思っています。
また栄養つけて次にのぞみます!


さて、僕の工房には骨や殻やドライフラワーという自然のものがたくさんあるんですが、だいたいどれも乾いています。
フレッシュなのはコケくらいかな。あと、土。
そんな乾きものの多い場所ですが、仕事をしてたらこんなものに遭遇しました。




なにかが生えてきてます。
よく見てみましょう。





およそ半年ぶりに開けた乳鉢の中に新しい世界がうまれていました。



天然の黄土(おうど)という着色のための絵の具なんですが、天然がゆえにいろんなものが混ざってたんですね。
この葉っぱが何かはわかりませんが、大きい葉っぱはそっと違う鉢に移して、邪魔にならないものはそのまま生やしておきました。
使う時にいくらか水を足したから、次に開ける時にはどんどん育ってうっそうとしてるかもしれません。

ふふっ 楽しみ。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
うれしいこと
雨が降り続いているあいだに桜の花は地面にくっついてしまいました。
あ〜ぁ と思いながら歩いていると川が桜色に染まっていました。

ふむふむ、そういういいこともあるもんだ。





わたくしごとですが、3月末におとこのこが産まれました。





およそ5年前に一度経験しているはずなんですが、やっぱりいいもんですね。
素直にうれしいです。
予定日より2週間ほど早く、陣痛がきてからもずいぶんスムーズな出産でした。
生まれてすぐに大きな声でなくのを聞いたときはとても安心しました。
母子ともに健康です。
はなちゃんも喜んでます。



今週金曜日からは岡山市で個展が始まります。
がんばります!


JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
美しい骨
ここ1年くらい骨に関する書籍をいろいろと読んでいます。
きっかけは本屋さんで目にした「BAROCCO」という骨の写真集です。

見ればいろんな生きもののいろんな部位の骨が白黒の写真で撮られているんですが、その独自性やおもしろさが直球で伝わってくる写真集でした。
美術では解剖図や頭骨のデッサンなども目にすることが多いので骨にたいして嫌悪感のようなこのはありません。
それをきっかけに骨に興味を持つようになり「死体を探せ」や「完全保存版 頭骨図鑑」などの名著も熟読いたしました。

こういう本を読み進めるうちに骨が欲しいと自然に思うようになるわけですが、今の日本では骨はそうそう簡単に転がってはいません。
ビーチコーミングとかいうオサレな名前がついてる浜辺での拾いものもやっていて、打ち上げられたおっきい犬を見つけたことがありましたがそれはそれでアレでしたので持ち帰るには至りませんでした。


そんなこんなでお正月明けて数日がたったある日。
目の前にさっき落ちてきたんじゃないかっていうくらい死にたてほやほやのモズ(ちょっとおっきいスズメみたいな鳥)がおりました。




というわけでこうなりました。



骨は透き通り、擦りガラスのようで美しいです。
体の中にこんな美しいものが入っているなんて、写真でもレントゲンでもわかりませんでした。


とてもいい経験ができました。
南無さん 合掌。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 観察または熟視 | comments(2) | trackbacks(0) |
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【グループ展】きのこ展 @ここちcomfort gallery器(広島県福山市)2017.9.23-10.9 【グループ展】ギフト展 @ビョルン(岡山県倉敷市)2017.10.28-11.16
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS