私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
<< きのこ展 | main | Sans Quoi Cinq (サンコアサンク) vol.10 上松茂世子 Silk&Homespun >>
11月の展示のお知らせ

いよいよ11月。

山も少しずつ色づきはじめました。今年もあと2ヶ月ですね。

 

すでに始まっているものもあり、告知が遅れ気味なのですが11月に予定されている展示をお知らせします。

 

gift展

2017.10.28(sat)-11.16(thu)

10:00-18:00

ビョルン

 岡山県倉敷市中央2-13-20

 

倉敷市立美術館横のちいさなお店ビョルンでの展覧会です。

すでに始まっていますが、参加作家も多くfacebookでアップされる様子から濃い内容が伝わってきます。

僕は白神恭子さんと初コラボしました。キャンドルホルダーを加藤、中に入れるキャンドルを白神さんに作っていただいています。

 

 

 

 

 

第4回うぶごえ展

2017.11.3(fri)-11.7(tue)

10:00-17:00

庭瀬陶芸工房

 岡山県岡山市北区平野868-7

   tel 086-728-5675

 

4年前のオープンから講師を勤めさせていただいている庭瀬陶芸工房の作品展です。

2階のギャラリースペースでの展示のほか、会員さんの作品販売コーナー、講師のマグカップ展も同時開催です。

教室に興味のあるかたは一度のぞいてみられることをオススメします。

 

 

 

Sans quoi cinq vol.10 上松茂世子

シルク&ホームスパン

2017.11.9(thu)-12.10(sun)

10:00-17:00

 休廊 4と8のつく日・水曜日

Sans quoi (サンコア)

 岡山県玉野市築港1-4-15

 tel 0863-32-0866

 

ディレクションさせてもらっているサンコアサンク(Sans quoi cinq)、今回はホームスパンの上松茂世子さんです。

手に触れるとわかるやさしい風合いと、糸を紡ぐところからはじめる作者の想いがぎゅっとつまったストールやマフラー。

よく見ると糸は決して均一ではなく、織り目のそこかしこに山や谷があります。

この微妙は起伏は人の手を経て得られるドラマだなと思いました。

 

 

 

おまけ。

これは展示ではないのですが今年も倉敷市立自然史博物館でおこなわれる博物館まつりにボランティアスタッフとして参加します。

僕が所属している脊椎動物グループは手羽先の骨格標本作りや動物の「かかと」に注目した展示などをおこないます。

昨年の手羽先骨格標本作りはとても好評で、受付前から列ができていました。

今年は先着10名ずつの3回を予定しています。

他にも博物館の外も中もいろんな催しをやっていますので、虫ボーイや骨ガールのみなさまだけでなく多くのかたに来ていただきたいです。

ちなみにこの日は入場無料です!

 

 

 

それぞれに魅力のある展示に参加できてとてもうれしいです。

お近くに行かれた際はぜひぜひお立ち寄りください。

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yakimono.jugem.jp/trackback/337
+ PROFILE
+ 次の作品展は
  【グループ展】土と生きる 4.26-7.1@備前市立備前焼ミュージアム(岡山県伊部市)  【個展】nature works 7.21-7.30 @サンコア(岡山県玉野市)
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS