私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
<< 生かされている Installation In A Zen Garden | main | 森の展示室 >>
はじめての粘菌観察会@曹源寺

4月1日、今年のエイプリルフールは日曜日でした。

その日「はじめての粘菌観察会@曹源寺」をおこないました。

集まってくださったみなさま総勢29名で森に入りました。

 

こんなにたくさんの方が粘菌に興味を持っているなんて、嘘かと疑いましたがこれが粘菌の実力なんですね。

嬉しい限りです。

地元紙山陽新聞に募集の記事を載せていただいたことでみなさんに知ってもらえたんだと思います。

懐の大きさに感謝します。記者様本当にありがとうございました。

 

 

集合場所でみんなが集まれなかったらと明け方4時に不安におそわれて書いた粘菌プラカード。

けっきょくこれを出さずともみなさん集まれました。

 

 

 

たくさんの目でさがすといろいろといいことがありまして、森の隅々まで疑いの目で物色できます。

しかしそこは森の中。

わずか数ミリの粘菌を探し当てるのは容易ではないですね。

結果として名前がわかるのは

・マメホコリ

のみでした。

あとあやしいのはホネホコリとかハチノスホコリとか。それとみたことない黄色のにょきにょき。

そして冬虫夏草に詳しいいしかわさんのご協力もあってイトヒキミジンアリタケが見つかりました!!

 

観察会をしている間、目のフォーカスがどんどん寄っていく。

そうすると今まで見えていなかった微細なもの、ミクロの世界が次々に見えてきます。

とてもおもしろい体験だと思います。

 

みなさんに呼ばれるままに「これはキノコかな」「これは虫のふんかな」「これは菌糸かな」とやってたらあっという間に1時間以上たっていました。

そしてうかつにも写真を1枚も撮っていませんでした。

本当はお弁当でも食べながらひとりひとりに感想を聞いたり、どんなきっかけで粘菌を知ったのか、他にどんなものに興味があるのかを教えてもらいたかったのですが。

 

「また次もやってほしい」という声もいただきましたので、時期を見て蚊の猛威がおさまったころにやりたいと思います。

みなさまほんとうにありがとうございました。

 

粘菌友の会一同

 

 

スピンオフ。曹源寺の苔原で苔をのぞく人たち

奥の作品はしばたゆりさん

 

 

曹源寺のお庭や書院では「Installations In A Zen Garden 生かされている」も開催中です。

こちらも連日たくさんのかたがお越しくださりありがたいかぎりです。 

会期は4月12日までです。

まだの方はぜひお越しください。

 

 

ホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

JUGEMテーマ:趣味

| 観察または熟視 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yakimono.jugem.jp/trackback/344
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【個展】nature works @エリアギャラリー(広島県府中市)2018.9.15-10.8 【グループ展】活けるを考える @遊美工房(岡山県倉敷市)10.28-11.4
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS