私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
<< はじめての粘菌観察会@曹源寺 | main | 土と生きる -岡山ゆかりの現代作家- >>
森の展示室

開催中の「生かされている」@曹源寺にお越しくださったみなさまありがとうございます。

会期は明日12日までです。まだのかたはぜひ滑り込んでください。

 

今年の桜は早かったですね。

お花見し損ねたかたも多かったのでは。

季節をひとつとばしてしまったような、大事な忘れ物をしたような感覚です。

山桜や八重の桜だと岡山県内でもまだ楽しめるんでしょうか。

 

 

さて、いつも楽しく参加させてもらっている「森の展示室」が今週末にせまってきました。

森を散策するだけでも気持ちいいのに、合わせて感覚を刺激されとても豊かな気持ちになります。

館長の毒野草ツアーも毎回参加してバッチをもらってます。

 

2016の様子。どこまでも歩いていけそうな心地よさです。

 

 

出展者のかたもみなさんとてもステキで、自分が持っていない嗅覚、触覚、色彩感覚にうっとりすること多しです。

特に森でいただくお茶に気持ちが満たされることが多いです。

でも今年で森の展示室は終わりなんですって。寂しい限りです。

いろいろな事情があるのでしょうから、今年をしっかり楽しむようにしたいです。

 

 

山の中腹のトイレの近くにうつむいて咲いているお花。とても控えめな外観からは想像つかない内側のドットがステキです。

 

 

今年のテーマは「線」です。

いつもテグスを用いてそれらしいことをやっていましたが、今年は雨降りの予報なので、それを楽しめるような工夫ができたらと思っています。

具体的には雨の音とその波紋を楽しめたらなと。

器に水を張ったものをたくさん用意して森の中でみなさんのお越しをお待ちしています。

 

4月末に搬出に行ったときにはギンリョウソウに出会えました。

 

 

 

2017年の作品です。このときは「膜」について頭の中がいっぱいでした。膜についての考察も少しずつ進んできています。

 

 

加藤のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com/

 

 

(以下ディレクションしてくださっているハタノワタルさんより)

 

森の展示室

https://www.morinotenjishitsu.com/
わち山野草の森には、年間を通じて約900種類の山野草が息づいています。
そんな森の中で私たち作り手はそれぞれの空間を創りました。
曖昧な木々の境界をひとつの空間と見立て
広く整備されたわち山野草の森の中にいくつもの展示室が生まれ、お客様をお待ちしています。
今年のテーマは「線」
人が自然と共に暮らしていく中で人は様々な線を引いてきました。
人の住む空間と里山との境界線。森の中の道。田んぼの線。時間においても過去未来そして現在と線を引いてきました。
わち山野草の森の中で、人が森の中で表現という線を引く時、これからの人と自然を示唆するような空間が生まれてくると信じ、準備を進めています。
最初3人ではじまった森の展示室は、5年が経ち、どこにもない野外展に成長してきましたが、わち山野草の森で開催する森の展示室は今年が最後です。
去年から販売というよりも森の中で作り手と見るものが対話できる展示室をつくろうと取り組んできましたが、
賛同者も増え、今年は過去最高の50名の参加です。
森の作り手達とお客様が繋がり、次はどこか違う森の中でまたひっそりと森の展示室がはじまるかもしれませんね。

 

日時:2018年4月14日(土)15日(日)  10:00~17:00  一部作品は4月23日(月)まで展示をしています。(火曜日休園)

場所:わち山野草の森 京都府船井郡京丹波町坂原シヨガキ5  電話 0771ー84ー2041
協力金:森の展示室ははるいろさくらまつりのイベントのひとつです。  イベント協力金として300円頂戴します。  このお祭りは皆様の協力のもと運営しています。ご理解よろしくお願いします。

 

■森のアート
ORITO 柳弘之 大橋史人 吉田和代 金子朋恵 加藤直樹 太田良子 萩原桂子 小倉広太郎 logsee ハトエビス 中西真矢
河合和美 今西公彦 鈴木隆 つきよみ 谷口聡子 相良育弥 ハタノワタル 荒川尚也 チプラスタヂオ 藤森ちかこ
沓沢佐知子 大森梨紗子 アリサト工房 アキフミキング 市川孝 成井大甫 打田翠 白石陽一 moi.toi. 平間磨理夫

二名一気 平木奈々子 津久井珠美 川井有紗 笑達 i a i


■shop
archipelago つきよみ かごや


■お茶

喜喜茶(14日のみ) Sachi japanese tea 移動喫茶キンメ

 

■food
四月の魚(14日のみ) 季節といなり豆椿 あはひ 御菓子丸


■森の音
UMU・PRISM・O・LYRA 森美和子(篠笛)

 

 

森の展示室は、4月14日15日わち山野草の森で開催される「はるいろさくらまつり」のイベントのひとつです。はるいろさくらまつりメイン会場から少し山に入った場所で、ひっそりと開催されます。
https://www.haruirosakura.com/
年間を通じて約900種類の山野草が息づき、遊歩道が整備された森の中でアート鑑賞を楽しんでいただけます。はるいろさくらまつりでは、山野草を楽しむツアーや山野草の販売、地元のお店やオーガニックフードのお店が並ぶ「はるいろマルシェ」など様々なイベントが開催されます。
春の桜や山野草、ゆったりと山間を流れる由良川、山の空気を感んじながら一日中楽しめるお祭りです。

 

主催:京丹波森とアート実行委員会
協力:わち山野草育成会
後援:京丹波町・京丹波町観光協会・α station

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yakimono.jugem.jp/trackback/345
+ PROFILE
+ 次の作品展は
  【グループ展】土と生きる 4.26-7.1@備前市立備前焼ミュージアム(岡山県伊部市)  【個展】nature works 7.21-7.30 @サンコア(岡山県玉野市)
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS