私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
<< CCCSCDとSFTへ | main |
個展 nature works @AREA Gallery

今年の夏はさまざまな災害が日本をおそい、平成最後の夏が忘れがたいものになりました。

一日でも早く平穏な暮らしに戻れますように。

 

展覧会で各地を回るたび「先日は大丈夫でしたか?」とお互いに声を掛け合うのが平素と化してしまったのがその表れだと思います。

次の個展先である広島県府中市も7月の豪雨災害で被害が出ていたのでその話をオーナーさんに振ると、こちらの心配をさらりとかわすように「個展には影響ないですので」と言ってくださったのが心強かったです。

 

 

 

撮影・デザイン 戸倉弘一朗さん

 

 

 

先日あるテレビ番組の取材を受けていて(今のところ放送の予定なし)自分で話しながら気がついたんですが、このnature workの制作テクニックに思い入れがあるわけではないのだなと。

というのも、youtubevimeoで公開してるのもあって人の目を惹きやすいことをやっているのでそれに注目されがちだし、その話を聞きたい方はたくさんおられると思います。

確かにここに至るまではさまざまな試行錯誤があったので苦い経験もたくさんありました。

ですが、美しく焼きあがった作品を前にするとその苦労は全て忘れるし、いつまでも見ていたいと毎回思います。

窯出し直後は「きれいじゃなー」って連呼してます。

 

作ってるときは我慢してるか不安を抱えているかのどちらかで、これはもう呪いをかけているんじゃないかと錯覚するほどです。

その邪念を窯が焼き払ってくれて、作品へと昇華させてくれているようです。

 

 

 

個展に出す予定の作品たちは毎回新たな挑戦を試みていて、今回のものもうまくいけば(まだ窯の中!!)とても美しい仕上がりになるはずです。

 

それと今回は家具製作会社でもあるオーナーさんがわざわざ今展のために展示台を作ってくださりました。

それもすごく楽しみです。

 

 

エリアギャラリーは宙に浮いたような空間と広いピロティ部分が特徴的です。

それを今の感覚とうまく混ぜ合わせたいと思いながら、展示に臨みます。

 

 

(DMより)

窯の中で熱を加えると、花の作品は開きはじめ骨格の作品は動き出します。

それは僕の手の届かないところで作品たちによる物語が始まっているかのようです。

 

加藤直樹 陶展 nature works

2018.9.15(Sat)-10.8(Mon)

オープン日 9.15(Sat)-9.17(Mon)  9.23(Sun)-9.24(Mon)  9.30(Sun)  10.6(Sat)-10.8(Mon)

10:00-18:00 10.8(最終日)は17:00まで

AREA Gallery

 広島県府中市高木町1143-1

 Tel 080-4265-7924

 

在廊予定日 9.15(Sat) 9.16(Sun) 9.30(Sun) 10.8(Mon)

 

 

在廊に変更がある場合は加藤のホームページでお知らせいたします。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yakimono.jugem.jp/trackback/353
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【個展】nature works @エリアギャラリー(広島県府中市)2018.9.15-10.8 【グループ展】活けるを考える @遊美工房(岡山県倉敷市)10.28-11.4
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS