私欲のやきもの

日々悶々と過ごす
陶芸家 加藤直樹の日常
<< 個展 nature works @AREA Gallery | main |
活けるを考える

暑い夏が終わってようやく待ち望んでいた秋です。

秋はいいなぁ 食べ物もおいしくなるし空気もさわやかだしって思ってたら週末ごとに台風が来るじゃないですか。

10月になっても毎週台風。そして強風や高潮での被害。

これは体力的にも精神的にも踏ん張りどころですね。

時間かかっても乗り切りましょう。

 

先日までのエリアギャラリーでの個展でもことごとく台風でしたがお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

実りの多い日々でした。

まだまだやることいっぱい、頑張らなきゃなーって思うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、初めてお花の展覧会に参加します。

「活けるを考える」

とても意味深なタイトルですね。

 

 

 

 

主旨を思い違えていたら訂正しますが、この展覧会はお花の倉田安敏さんを中心に据えた花と花器によるバトルロワイヤルです。

(たぶん!!)

陶、磁、白磁、ガラス、金属造形、造形 とそれぞれの作家を表す言葉が違うのは、それを物語っていると感じるのです。

 

その中で 加藤直樹・磁 は玄馬千里さんと組んでインスタレーションを中心とした空間を作っていこうと考えています。

倉田さんの見せる花器と花の多様な解釈に、加藤・玄馬さんという違った切り口を提案することで、倉田さんの考える「活ける」がより際立つのではと思っています。

 

工房IKUKOの展覧会で初めて玄馬さんのリースを見て、そのエネルギーに惹き込まれました。その後お会いできることになったのですがご本人はきわめて丁寧でつつましく愛を持ったかたでした。作品とのギャップを感じましたが、それがいいですね。

こういう方と仕事をしたいと思っていたところで今回の機会を得ましたので、とにかく全力で。

自分の思う美しさと「うつわ」というものの解釈を示すことができたらと思います。

 

 

 

少しだけ「うつわ」について触れますね。

今作っているnature workの中で糸を使った作品群[construction コンストラクション]はうつわに骨格を持たせるようなイメージで作り始めました。本来的にうつわは外骨格(昆虫とかカニのよう)です。それは壷のようにうつわの内側が中空だから、外をしっかりさせて形を保つ作りになるんですが、その外骨格を顕微鏡で覗いたとしてしてください。

するとそこには組織が絡まりあった内骨格(脊椎動物)の世界が広がっている気がしませんか。

その不安定さ(というと言葉が違うかもしれません)がおもしろいと感じています。

視点の移動ひとつで外骨格が内骨格になるんですよ。

 

内側に空間が保たれるような(ものが入りそうな)作りであれば、それは広い意味でうつわと言っていい気がします。

「うつわの大きい人」という言葉も同じような意味でうつわを捉えてますよね。

 

そのようなうつわを提案してみようという試みです。

玄馬さんにそれを事細かに説明していませんが、僕の用意した空間を直感的に捉えてもらえたらと期待しています。

玄馬さんがまったく違うことを感じ取ったとしても、それはそれで楽しみです。

 

 

まだ作品がほとんど揃っていないので、これから頑張ります!

初日には倉田さんのオープニングパフォーマンスもありますので、ご興味ありましたらぜひお越しください。

 

 

「活けるを考える」

2018.10.28(Sun)-11.4(Sun)

10:00-17:00 ※最終日は16:00まで

オープニングパフォーマンス 10.28(Sun) 10:00-

 

遊美工房

 岡山県倉敷市玉島中央町1-6-21

 Tel 090-5378-6675   Fax 086-525-2893

 

 

岡島光則・陶

加藤直樹・磁

林淳子・白磁

増田ひで子・ガラス

村中保彦・金属造形

役重佳廣・造形

 

倉田安敏・花師

玄馬千里・植物

 

 

 

加藤のホームページも更新しています。

http://yakimono.strikingly.com

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| art | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yakimono.jugem.jp/trackback/354
+ PROFILE
+ 次の作品展は
【個展】nature works @エリアギャラリー(広島県府中市)2018.9.15-10.8 【グループ展】活けるを考える @遊美工房(岡山県倉敷市)10.28-11.4
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ つぶ焼き
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
胞子文学名作選
胞子文学名作選 (JUGEMレビュー »)
田中 美穂
空中をただよう浮遊感、無重力に広がる妄想劇場。胞子好きにはたまらない傑作選です!
+ RECOMMEND
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで
韓国のやきもの―先史から近代、土器から青磁・白磁まで (JUGEMレビュー »)
姜 敬淑
韓国のやきものを知るための入門書です。日本の焼物好きなら一度は読むべし。
+ RECOMMEND
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007
磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007 (JUGEMレビュー »)
磯江毅
写実を超えている。
見えないものまで描きこまれてる。
+ RECOMMEND
AILA
AILA (JUGEMレビュー »)
川内 倫子
ここには命が映っている
やさしい 美しい命
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

なんというデコ壷!
技術と努力に脱帽です
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
奇想の系譜 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
江戸時代の変態絵師たち
マニアックすぎるぅ

↑伊藤若沖も紹介されてます
+ RECOMMEND
クラブカルチャー!
クラブカルチャー! (JUGEMレビュー »)
湯山 玲子
立たぬなら
 立たせてあげよう
  ダンスフロア 
+ RECOMMEND
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇
ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇 (JUGEMレビュー »)
関 昭郎,大橋 紀生
工芸的美品が粒ぞろい
芸の細やかさが日本的
+ RECOMMEND
二十世紀旗手
二十世紀旗手 (JUGEMレビュー »)
太宰 治
太宰治の激しさと弱さ。
言葉のひとつひとつがアンダーグランド。
+ RECOMMEND
小泉淳作作品集
小泉淳作作品集 (JUGEMレビュー »)
小泉 淳作
観察とはこういうことか!
水墨画の狂気を見た。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

つぼみの内のマニアック
+ RECOMMEND
百人一首の秘密―驚異の歌織物
百人一首の秘密―驚異の歌織物 (JUGEMレビュー »)
林 直道
ほんとにびっくり!
10×10の奥深さ。
+ 来場者数
ブログパーツUL5
+ SPONSORED LINKS